夜泣き 1歳〜2歳 対策

1歳〜2歳の夜泣き対策

1歳〜2歳になると新生児期の夜泣きとは少し原因が違ってきます。

 

日中あった出来事を突然思い出して泣いてしまったり、怖い夢が原因であったりするのです。

 

いずれにしても子どもを安心させてやることが先決なので、泣いている場合には抱っこしてまずは泣き止ませてやりましょう。

寝室が別になっている場合には両親の布団で寝かせてやるだけでも落ち着くと思います。

 

また、1歳〜2歳頃になると生活リズムも段々と整ってきます。
朝はこの時間に起きて夜はこの時間に寝るといったリズムが一旦崩れると、どうしても夜泣きが起こってしまうのです。

 

生活リズムの崩れは体内時計の崩れにも繋がり、整えておかないと睡眠障害が起こる可能性も出てきてしまいます。
早めに直しておくことが大切なのでなるべく同じ時間に眠って起きる生活を崩さないようにしましょう。

 

1歳〜2歳のうちは夜更かしをさせずに両親も揃って眠るように心がけると良いと言えます。

 

日中の出来事は睡眠中に大きな関わりを持ってきます。
例えば日中に興奮する出来事があればなかなか寝付けなかったり、昼間叱られたりすればそれを思い出して突然泣き出してしまうのです。
悪いことをすれば叱らなければなりませんが、叱りすぎも良くないので子どもの意見もきちんと聞き、長々と説教をしないようにしましょう。

 

また、夜泣き対策グッズなどの販売もあるのでそれを使うことも一つの方法だと言えます。

 

うちには1歳の女の子がいます。
初めての子育てということもあるのですが、どうしていいかわからないことも多々あります。その中でもとても困ったのが夜泣きです。 

 

昼間ならあまり気にならないのですが、夜ともなると、近所のことも気になるし、私自身も夜中に起きたりで寝不足になることも多々あります。
覚悟はしていたのですが、毎日のことなので、さすがに疲れが溜まってきていました。

 

そのような中でいろいろ試したのですが、いくつか有効だった方法をご紹介します。

 

1つ目は一度外に抱っこしてお散歩にいくということです。

夜泣き

温度が変わるからなのか、抱っこして揺れるのが気持ちいいのかわかりませんが、なぜか泣き止みました。 

 

2つ目はビニール袋の音です。

 

スーパーなどでもらうビニール袋がこすれる音はどうもお母さんのお腹の中の音に似ているとも言われますが、これは夜泣きにも結構効果があるようです。

 

3つ目はスマートフォンのアプリです。

 

探してみるといろいろと子供をあやす音が出るアプリがいくつかあったので、いろいろ試してみましたが、思っていた以上に効果がありました。無料のアプリもたくさんあるので是非探してみてください。

 

これらを駆使しながら頑張っていますが、だいぶ楽になったように思います。

 

現在、1歳5か月の息子がいます。
1歳なる2〜3日前にミルクを卒業しました。

 

息子は、時々夜泣きをするんですが、1週間近くずっと夜泣きすることもあれば、1か月も2か月もまったくしないこともあります。

 

時間帯は大抵深夜の1時から2時くらい、又は3時近くまで泣くこともあります。

 

ここ最近、夜泣きがひどく、ミルクを卒業してからの夜泣きは手におえない時もしばしばあります。

 

上の子(娘)の時もそうだったんですが、夜泣きって結局、興奮状態や、思い出し泣きみたいなものだと私は思っています。

夜泣き

しかも、ねぼけている状態なので、

 

一度完全に起こして、もう一度寝かせる。という方法や抱っこの仕方を変えてみたり、外にでたり、水分を取らしたり、おむつをかえたりとして気分を変えてあげる方法で大抵は寝てくれました。

 

疲れていないと、夜泣きするときもある気がしました。
日中に太陽の光を1日最低15分は外に出て浴びさせてあげお風呂もぬるいお風呂を少し長めにして、疲れさせてあげたり、昼夜の区別をつけてあげたりもしてみました。

 

結構、効果がありましたよ。

 

夜泣きって、その時は本当に大変で、しんどいと思うけど、一時のものなので、成長の過程として、一歩大人に近づいた我が子を喜んであげてください。

 

私の息子が1歳のころ、最近夜泣きがひどくて悩んでいました。
夜泣きが始まったのは、子どもが10カ月からで、毎日続いてある日もあれば、何日かおきということもありました。

 

1歳を過ぎた最近は毎日で、それも夜中2時半ごろと朝方5時半ころグズったり大泣きしたりします。
毎日のことなので、心身ともに疲れて、夫にあたってしまうこともありました。

 

そこで、先輩ママたちに相談したところ、ほとんどのママも夜泣き体験者で、参考になる知識を教えてもらうことができました。

 

一つの対処法は、断乳でした。
この断乳で、酷い時は1時間おきだった夜泣きが、ピタッと止まったとそうです。

 

また、日中の食事が少しずつちょこちょことしかごはんが食べられない場合、明け方おなかがすいて泣くという場合もあるそうです。

 

それで、私も実践したところ、ピタッとはいきませんでしたが、やがて夜泣きの回数が減っていきました。
本当に、先輩ママの一言はすごいですね、大感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

子供の夜泣きは育児をする上でも悩みになるものだと思います。
私の1歳の娘も生後8ヶ月頃から深夜にグズグズと泣き出す「夜泣き」を始めました。

 

完全母乳で育っている娘が深夜に泣き出す原因は何種類かありますが、
まずは自然に目が覚めてしまうこと。

 

ずっと寝ているばかりの赤ちゃん時期からお昼寝と夜寝のサイクルに変わり始める時期に入ると、少し生活リズムが崩れるだけで夜中に起きてしまう事もあります。

 

そういう時はグズグズ言いながら起きて来ても、抱っこをして落ち着いて接してあげれば機嫌は比較的すぐに戻ります。
その時は無理に寝かそうとはせずに抱っこして少し部屋を歩いてみたり、思い切って部屋の明かりをつけたりしてある程度娘の気持ちが満足すると、改めて寝かせる時に自然に横になってくれます。

 

もう一つの夜泣きの原因は、おっぱいが恋しくて泣く事です。

 

眠る時には必ずおっぱいを吸う娘なので、不意に夜中起きてしまい眠いのにおっぱいが無いと気づくと怒った様な機嫌の悪い泣き方をしています。
その時には目を閉じたままおっぱいを探しているので、授乳をするとすぐにまた眠りにつこうとしています。

 

夜泣きの原因はきっとその日の機嫌や体調によって違うものかと思います。

 

まだこの時期は朝、昼、夜の体内リズムが完全に出来ていないので、無理に寝かそうとはせず子供が求めている事を満たしてあげる事が何より早く寝てくれる方法なのでは、と考えながら育児をしています。

 

我が家の長男は二歳と五ヶ月になり、夜泣きをすることがだいぶ少なくなってきました。
以前は二歳年長の長女を起こしてしまうくらいに豪快に泣いていたものです。

 

夜泣きの原因は年齢によって様々と思いますが、現在の長男は風邪を引いているときや、起きているときに興奮するような出来事があったときに夜泣きをするように感じます。

 

風邪のときは、せき込みや鼻づまりなどのほか、のどの痛みも関係があるように思います。

 

こうした症状は風邪の引き始めだけではなく治りかけているときも続くので、子どもが風邪を引いてしまうと妻はしばらくのあいだ寝不足になってしまいます。

 

興奮については、嫌なことよりも楽しかったことの方が夜泣きを引き起こすように思います。

 

外出した時や来客があったときは、お昼寝をしていなかったときでもぐずぐずして寝つきが悪いうえに夜泣きをします。

 

しかし、夜泣きをするからといって刺激を少なくするのが良いとは思いません。
楽しみなことがあるとなかなか寝付けない、というのと同じような気がするからです。

 

娘は現在1才ですが、まだ夜泣きはあります。

 

オールシーズン一緒に過ごして感じたのは夏や冬、極端に寒かったり、暑かったりする季節はほとんど朝までぐっすりということはないので、気温の影響が大きいのではないかということです。

 

寒いからお布団を大人と同じ分、かけるのですが、そんな時は暑いのか重いのかわかりませんが、布団から出ようと夜中泣きながらくるくる回って布団をはぎます。

 

私が思うに夜泣きは、単純に、寝てる状況が快適じゃないというちゃんとした理由があるのだと思います。

 

また、昼間に両親が子どもの前でケンカしたり、なにかしら怖い思いをしてしまったりと、起きてる時に感じた恐怖を夢にみたりしてるのでは?と感じることもあります。

 

夜泣きをなくすためというより、幸せな子に育てるにはそういうことも小さなうちは極力減らさなければいけないなと思います。

 

一生続くわけではない夜泣き。
頼ってもらえるのも今だけと思い、頑張って乗越えていきたいです。

1歳〜2歳の対策関連ページ

新生児の対策
新生児の夜泣き対策について色々と紹介しようと思います。
夜泣きに効く薬
宇津救命丸は東洋医学の考えから作られているもので、夜泣きやかんむしが起こるのは身体の中にいる「かんの虫」のせいだと思われています。
あやし方
夜泣きのあやし方として一番用いられているのは抱っこをして部屋の中を歩き回るといった行動です。その効果は?
母親が心がけること
母親が心がけることはとにかくストレスを溜めないことだと言えます。 ストレスは子どもにも伝わってしまいますし、それが余計に夜泣きをひどくさせてしまう可能性もあるのです。
父親が心がけること
父親に出来ることは少ないかも知れませんが、夫婦で協力して夜泣きを乗り切りましょう。