夜泣き 赤ちゃん 対策

夜泣き 対策エントリー一覧

新生児の対策

新生児の夜泣き対策について色々と紹介しようと思います。新生児が夜泣きをしている時はとにかく安心させてあげることが一番の対策となります。例えばベビーベッドで一人で寝かしているのであれば、抱っこして添い寝をしてあげるだけでも夜泣きが治まる場合があるのです。夜泣きが続くようであれば、ベビーベッドではなく一...

続きを読む

1歳〜2歳の対策

1歳〜2歳になると新生児期の夜泣きとは少し原因が違ってきます。日中あった出来事を突然思い出して泣いてしまったり、怖い夢が原因であったりするのです。いずれにしても子どもを安心させてやることが先決なので、泣いている場合には抱っこしてまずは泣き止ませてやりましょう。寝室が別になっている場合には両親の布団で...

続きを読む

夜泣きに効く薬

夜泣きに効く薬というのはあるのかという疑問があります。夜泣きは病気ではないので基本的には薬による治療は行われていません。病院で処方してもらうこともできないと言えます。ただし、なんらかの病気が原因で夜泣きとなって現れている場合には睡眠薬であったり、精神安定剤などを処方してもらえる可能性もあります。全く...

続きを読む

あやし方

夜泣きのあやし方として一番用いられているのは、抱っこをして部屋の中を歩き回るといった行動です。赤ちゃんは抱っこされていると気持ちが落ち着くので、抱っこをした状態が一番良いと言えます。更に歩き回ってある程度の振動を与えると、揺れが気持ちよいので落ち着いて眠れるようになるのです。また、夜泣きのあやし方と...

続きを読む

母親が心がけること

夜泣きの対策として母親が心がけることについて紹介したいと思います。夜泣きが続けば母親は眠れない日々が続きます。人間にとって睡眠欲を満たされないことが一番ストレスを溜めてしまいます。つまり、睡眠不足は母親の健康を保つこともできなくなる可能性が高いのです。ですが、夜泣きの間睡眠不足を解消するのは難しいと...

続きを読む

父親が心がけること

赤ちゃんの夜泣きで父親が心がけることは2つほどあると言えます。まず1つ目は、母親に文句を言わないということです。仕事で疲れて帰ってくればゆっくりと寝たい気持ちも分かります。しかし、赤ちゃんというのは本来泣くのが仕事なので夜泣きは成長するために仕方のないことなのです。それについて母親に文句を言うという...

続きを読む