夜泣き 体験談

赤ちゃんの夜泣きの原因は?

赤ちゃんの夜泣きの原因は様々のようです。

 

まずは昼にゆっくり寝ていて、どうしても夜になると寝れないこと。

 

この場合は、まず昼に活動的になるようにしていくことが大切です。
そのためにも、まずは朝、太陽の光を浴びるということが良いそうです。

 

実は大人にも同じことが言えるのですが、太陽の光を浴びることで、体内時計をリセットできるそうです。
それに、太陽の光を浴びると、頭がすっきりすることはありませんか?
同じ人間ですから、大人と同じ感覚で赤ちゃんも感じるのです。

 

あと、夜に寝る環境になっていないということ。

 

寝る頃に周りが騒がしくて寝付けないということもあるようです。
もちろん、みんなが寝れないわけではありませんが、気になると頑張って起きてしまうものです。

 

それは大人でも同じですよね?

 

実は寝れない環境があり、その結果で夜泣きが続くこともあるようです。
生活のスタイルを変えることで、夜泣きがなくなることもあります。

 

もし、夜泣きに悩んでいる方がいらっしゃるのであれば・・・
生活スタイルの見直しをしてみるのもいいかもしれません。

赤ちゃんの夜泣きの原因は?関連ページ

昼夜が逆転
1歳を過ぎた頃から急に夜泣きをするようになったのです。
とにかく一緒に寝る
とにかく一緒になるべく就寝時は居てあげる事だという事で夜泣きの症状が改善してきました。
夜泣きの原因はむずかしいですね
昼間のお昼寝が長過ぎたり、遊びが少なくてからだが疲れていない、お布団の中の温度が低いとか高いとか、意外にチョットしたことでぐずる事があるようです。
子供の夜泣きを体験してみて
ある日いつものように母乳を飲ませ寝かせると、しばらくすると急に泣きだし、抱いてあやしてもぐずり続けていました。
我が家の夜泣き対策はDVDサマサマです
夜泣きの改善対策で唯一効果があったと感じたのは、子供番組のDVDでした。
初めて体験する新生児の夜泣き
助産師さんの指導があり、昼と夜の区別を付けてもらうよう、就寝の儀式として夜中の12時前にミルクを多めにあげて長く眠りにつかせるのが夜泣きをさせないポイントだと教わりました。
我が家のグルグル夜泣き解決方法
手触りの良い大きめの布で(うちのはフリース地がお気に入りでした)顔以外をグルグル巻きにします。
息子の夜泣きに苦戦した毎日
寝る前に、たくさん笑顔にさせたり私たち夫婦が楽しく過ごすと自然と夜泣きは減ってきました。
1歳児男の子の夜泣きについて
一度完全に起こして、もう一度寝かせる。という方法や抱っこの仕方を変えてみたり、外にでたり、水分を取らしたり、おむつをかえたりとして気分を変えてあげる方法で大抵は寝てくれました。
夜泣きでイライラしない方法
赤ちゃんに当たるわけにもいかず、このイライラをどうしたら良いのだろうと考えました
赤ちゃんは母親の不安を察知する
夜泣きもこの子のお仕事かなと、吹っ切れるようになってからでしょうか、子供の夜泣きが少なくなってきたように思えます。
ママの気持ちが夜泣きに繋がる?
夜泣きの改善対策を体験談から学びましょう。 赤ちゃん・幼児の夜泣きは病気ではありません。
お腹がすいて夜泣きしているのかも・・・
夜泣きの改善対策を体験談から学びましょう。 赤ちゃん・幼児の夜泣きは病気ではありません。
夜泣き第二章が始まった
夜泣きの改善対策でいろいろ試したのですが、いくつか有効だった方法をご紹介します。
赤ちゃんの夜鳴きに関する工夫
夜泣きの改善対策を体験談から学びましょう。 赤ちゃん・幼児の夜泣きは病気ではありません。
理由のつかない夜泣きを乗り切れた方法
夫は、分からないんだから、仕方ないよねと、何故夜泣きをするかについて勝手に想像して、面白可笑しく笑い飛ばしたりしてくれました。
夜泣きの多い赤ちゃんでした
泣きやませる方法にはいろいろあって、抱っこして優しくとんとんするのがほとんどでした。
外で遊ぶことが増えると夜泣きも減った
夜泣きの改善対策を体験談から学びましょう。 赤ちゃん・幼児の夜泣きは病気ではありません。
夜泣きが終わるのは1歳?3回食?
夜中の授乳が頻繁だった頃は朝おむつが限界で、漏れていたりということもよくありました。 卒乳してからはそのようなこともなくなったので、その説は有力なのかもしれません。
車に乗せてドライブ
夜泣きの改善対策を体験談から学びましょう。 赤ちゃん・幼児の夜泣きは病気ではありません。
娘の夜泣きに悩まされたこと
夜泣きの改善対策を体験談から学びましょう。 赤ちゃん・幼児の夜泣きは病気ではありません。
普段と違う環境
夜泣きの改善対策を体験談から学びましょう。 赤ちゃん・幼児の夜泣きは病気ではありません。