夜泣きとは

夜泣きとは

夜泣きとは基本的に乳幼児期に夜泣くことを言います。

 

生後2〜3ヶ月から1歳半くらいまでの間に夜中急に泣き出します。
理由もなく泣き出すので新米ママは悩んでしまうものです。

 

夜中に原因不明に泣くというのが一般的な夜泣きの意味だと言えますが、実は原因なき号泣は全て夜泣きに値すると言えます。

夜泣きに共通しているのは一度泣き出すとなかなか寝付いてくれないというものです。
ぐずぐずと泣き続けたり火がついたように大泣きする子もいます。

 

また、夜泣きは全ての赤ちゃんに起こるものでもありません。全く夜泣きを経験しなかったという赤ちゃんもいるのです。
また個人差があるため、兄弟でも上の子はあったのに下の子は全くないといった風になります。

 

夜泣きは赤ちゃんが成長する過程の一部なので病気などではありません。
突然泣き出して何をやっても泣き止まない時はどこか具合が悪いのではないかと心配する方もいると思います。

 

しかし、お母さんがオロオロとしてしまったのでは更に悪化してしまうのでお母さんはどっしりと構えて泣き止むのを待つしかありません。

 

成長する過程で見られるので乳幼児期が一番多いですが、2〜3歳頃に再発したり、大きくなってから夜泣きをする子もいます。
これは心の成長を促すものでもあるのであまり心配せずに無理に起こしたりしないようにしましょう。

 

赤ちゃんが泣けばお母さんは当然眠れない日々が続くことになります。
体調を崩さないためにも昼間でも赤ちゃんと一緒に眠るなどの工夫をして睡眠不足を解消しましょう。

夜泣きとはエントリー一覧

新生児の赤ちゃんの場合

新生児の赤ちゃんの場合の夜泣きについて説明したいと思います。0ヶ月から1ヶ月くらいまでを新生児と呼びますが、この時期の赤ちゃんは昼夜の区別がまだ付いていません。お腹の中にいる感覚がずっと続いているので昼夜問わず起きたり寝たりを繰り返しているのです。そのため夜泣きと思われるような状態が続きます。それが...

続きを読む

乳幼児の場合

乳幼児というのは基本的には2〜5歳くらいまでの時期を指します。この時期の夜泣きは、新生児の夜泣きの原因とは違うと考えられています。新生児の夜泣きが体内時計の狂いであるなら、乳幼児の夜泣きは日中の出来事等が関連していると考えられているのです。乳幼児になると脳が発達してくるため、レム睡眠とノンレム睡眠を...

続きを読む